リウマチ

  • 朝起きると、関節がこわばっている。
  • 関節を動かすと痛みが強くなる。
  • 関節が熱っぽくなって腫れている。
  • リウマチの薬でがんになりやすいと言われ悩んでいる。
  • リウマチの薬で免疫力が下がるようで、免疫力をあげる方法を知りたい。

一人で悩まずに、まずは当院までご相談ください。リウマチの原因は「氣血のめぐり」が悪くなっていることです。リウマチは放っておいてもよくなりませんので、是非早く当院までお越しください。

写真で見る検査&施術の流れ

写真は左右にスライドできます

独自の虹彩分析で不調の根本原因をチェック

独自の虹彩分析で不調の根本原因をチェック

自律神経の測定を行います

自律神経の測定を行います

鍼灸で体の氣血の流れを整えます

鍼灸で体の氣血の流れを整えます

お腹ほぐし療法で体の氣血の流れを整えます

お腹ほぐし療法で体の氣血の流れを整えます

写真で見る虹彩分析(こうさいぶんせき)とは?

写真は左右にスライドできます

韓国では医師が虹彩分析を行う場合があります。

韓国では医師が虹彩分析を行う場合があります。

日本では、あまり知られてませんが、韓国では医師が癌・難病・不妊の原因を探す為に虹彩分析を行う場合があります。

虹彩分析で分かること

虹彩分析で分かること

虹彩分析とは、特殊なカメラで目の写真を撮る事で、
・体質鑑定
・病気や不妊の原因
・健康状態
・遺伝疾患
・性格
などがわかります。

虹彩とは?

虹彩とは?

虹彩とは、目で色のついた部分であり、中央には穴(瞳孔)があります。瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光の量を調節する役割をします。

虹彩分析の原理

虹彩分析の原理

虹彩分析の原理は、

·虹彩は脳神経と繋がっている。
·脳神経は全ての臓器や組織と繋がっている。

虹彩分析の事例ー1

虹彩分析の事例ー1

この乳がんの患者さんの場合、乳房の部位に色素沈着が見えました。

虹彩分析の事例ー2

虹彩分析の事例ー2

頭痛の患者さんの場合、脳の部位に色素沈着または裂孔(穴)が見える場合が多いです。

リウマチとは

関節リウマチとは、免疫の異常により免疫が自分の関節滑膜を攻撃して関節に炎症が起き、痛みや変形が生じる「自己免疫疾患」です。男性より女性に多くみられ、30~50代での発症が多いのが特徴です。

病院でのリウマチの一般的な治療

病院でのリウマチの一般的な治療は非ステロイド性抗炎症薬、ステロイド ( 副腎皮質ステロイド ) 、抗リウマチ薬の「メトトレキサート」、生物学的製剤、分子標的治療薬の「トファシチニブ」などの薬物療法、リハビリなどを行います。

最近は関節リウマチの薬物療法の進化で約50%の患者さんが発症前とほとんど変わらない生活を送ることになりましたが、半分くらいは、それでは改善しなかったり、副作用があったり、よくなるまでに長い時間がかかってしまい、「もっと早く良くなることはできないのか…」と悩んでいる方が多いようです。

また、徐々に改善されてきてはいるものの「本当に良くなるのか?」「このままで大丈夫か」という不安を持っている方が多いのが現状です。

当院での「リウマチ」に対するアプローチ

あなたは、自分の体に合った食べ物がある事をご存知ですか?
実は、大好きな食べ物、食材が、もしかすると 一番合わないという事もあるのです。

好きだからと言って食べ続けた結果、ある日 思いもよらない身体の不調を感じます。ですが、その原因が、食べ物とは! あなたは夢にも思わないでしょう。

また、自律神経が乱れると 気血の流れが悪くなり 身体に様々な症状が出ます。

※個人により症状は異なるため、効果効能を保障するものではありません。

  • 簡単な目の検査で あなたの体質