スタッフ紹介

金 錫 (キム ソク)

金 錫 <font size=4>(キム ソク)</font>

技術
お灸、はり、マッサージ、虹彩分析
EFT、AKテスト
*
出身地
大韓民国 木浦 (1972年生まれ)
出身学校
国立医療院看護大学・東京医療専門学校
趣味
健康、心理学に関する情報を収集する事!
資格
-鍼灸師 · あんまマッサージ指圧師(日本)
-看護師(韓国)
-EFT-Japan セラピスト(心理治療)(日本)
-虹彩分析士(韓国)
-2級電磁波測定士(日本)

なぜ、鍼灸師になったのですか?

韓国には、兵役というものがあります。

男として生まれた限り、ここから逃れられる事は、できません。

私も同じく 大学生の時に2年近く 兵役期間があり軍隊で衛生兵として勤務しました。

その際に 漢方医師と供に仕事をしました。

漢方医師とは、西洋医学ではない東洋医学である漢方や鍼などを行います。

軍隊ですので 訓練中の負傷や筋肉や関節の痛みがとても多いのです。

その為、その都度 この漢方医師が鍼の施術を行います。

若い理由もありますが、重度の怪我は難しくとも 筋肉や関節の痛みは短時間ですぐに症状が改善されました。その様を見て 大変、関心し兵役を終える頃には、漢医師になりたいと思いました。

 しかし、韓国で漢医師になる事は、医師同様  針の穴を通るくらい難しい関門です。

そこで 医療系統の仕事につきたくて 大学を卒業した後、国立看護大学に入学し看護師の免許を取り 病院に勤務することになりました。

 ですが、やはり漢医師になるという夢を捨てきれず 妻の母国である日本に移住したのです。

鍼灸専門学校では、日本語が分からず 大変苦労しましたが それでも三年間通い 国家試験に合格しました。

 ここまで辿り着くのに時間はかかりましたが 今は、お客様を直接施術するという夢を実現できてとても幸せです。

どんな鍼灸院を目指していますか?

さくら鍼灸院では、学校の保健室で具合が悪い時にいつでも自由に来て健康相談が出来るような鍼灸院を目指しています。

 ですが、実を言うと一番重要なのは、お客様自身なのです。

なぜなら、私共は、お客様の病気の改善に関する手助けしか出来ないからです。

どのような病気も 生活習慣、食習慣を改善する事がなにより 改善の近道になります。

 また最近は、デジタル化が進み 急激に世の中が変化しております。

その一つにスマートフォン、タブレット等 生活に無くてはならない電化製品があります。

冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、洗濯機、ヘアドライヤー、エアコン…

今では、一つでも欠けたら困る家電です。

ですが、これを使用する時に目には見えない 多くの電磁波が放出され人体に悪影響を及ぼしているのも事実です。原因不明の頭痛、めまい、不眠、アトピー、喘息 痛みなど…実は 電磁波から原因がきている場合もあるのです。

これは、ある医師から伺ったお話ですが、2011年に大震災が起きた時 東北では、数日間停電になりました。しかしその際、頭痛、めまい、アトピー、痛みなどに悩んでいるお客様の症状が非常に良くなったそうです。ですが、再び電気が通るようになると症状が元に戻ったそうです。

このように無視できない電磁波への対策についての相談も行っています。

 さくら鍼灸院では、お客様に寄り添ったアドバイス、そして励ましていける鍼灸院を目指しております。

どんな施術を行っていますか?

東洋医学では、『痛即不痛 不通即痛』という言葉があります。

気血の循環が詰まると痛みが生じ、円滑になると痛みが和らぐ または生じないという意味です。

 私は、気血(経絡(けいらく)の内外を循環する生命力の源とみなされるもの。)の循環が詰まる 殆どの原因は、低体温だと思います。

 がんの方の場合は、体温の低い方が多いです。

また、女性の場合 低体温症により 冷え性、生理痛、生理不順、子宮筋腫、自律神経失調症など様々な病気を持っている方が多いように思えます。

 体温が1度上がると免疫力は5倍高くなると聞きます。

 免疫力を高めるためにの一つの方法として さくら鍼灸院では、王灸療法とはり療法をお勧めします。

 はり療法は、耳、手、足に主に施術する様々な痛みの疾患によく効果が期待できます。

特に王灸療法は温熱療法だけでなく、ツボを刺激するので、私たちの体の気血の疎通を円滑にして、健康を維持することができる強くお勧めできる療法です。